「取り扱い商品」の記事一覧

【干せる収納】手ぬぐいも快適に携帯[yurarico]

11PV

ハンカチホルダー[yurarico]

先日は、ハンカチホルダー「ゆらりこ」を、冷感タオルケースとして利用する例 をご紹介しました。

 

 

 

冷感タオルケース
「ゆらりこ」に冷感タオルをしまった状態

 

 

第2弾。

今日は、手拭いケースとして利用する例を、ご紹介します(^-^)

 

 

 

手拭いケース
「ゆらりこ」に手拭いをしまった状態

 

 

冷感タオルと手拭い…

サイズ的には「だいたい同じじゃん!」といった感じですが、大きく違うのは、その利用目的かと思います。

手拭いは、文字どおり手を拭く目的などで使われるものですが、かたや冷感タオルは、手を拭く目的で使われるものではないですよね。

そういうふうに捉えると、「ゆらりこ」への 手拭いのしまい方 って、前にご紹介した 冷感タオルのしまい方 とは、チョット違うような気がして…

‘ 手の拭きやすさ ’ まで考えたら…

畳み方は、やはり、ふんわり広がる「ジャバラ折り」が一番なんじゃない!?いうところに行き着きました。

 

 

というわけで今日は、「ゆらりこ」にジャバラ折りにした手拭いをしまう方法、をご紹介していこうと思います☆

 

 

<手拭いのしまい方>

①「ゆらりこ」は、ストッパーを上にあげて開口を開けておきます。

 

 

 

ハンカチホルダーゆらりこ

 

 

 

手拭いの長い方を真ん中から半分に折ります。
手拭いのサイズは、メーカーによって少し異なりますが、だいたい90×34cmくらいです。

 

 

 

手拭いの畳み方
100円ショップで購入の手拭い[95×34cm ]

 

 

 

③ 次に、画像のように、左右の端を中央に持ってくるように折ります。

 

 

 

手拭いの畳み方

 

 

 

④ 次に、真ん中を持ち上げるようにしてパタンと半分に折ります。
これで、ベロンと長かった手拭いが12cm程度になり、幅が「ゆらりこ」に収まるサイズにまでコンパクト化されます。

 

 

 

手拭いの畳み方

 

手拭いの畳み方

 

 

 

コンパクト化されただけでなく、ちゃんとジャバラ折りにもなっていますので、手前側をめくると、こんな風に ‘ ふんわり’ と広がります。

 

 

 

手拭いの畳み方

 

 

 

畳んだ手拭いの上2箇所を、「ゆらりこ」の中に付いているクリップで挟みます。

 

 

 

手拭いケース

 

 

 

⑥ 手拭いを、下から巻き上げるように3回ほど折って、小さくまとめます。

 

 

 

手拭いケース

 

 

 

⑦「ゆらりこ」の開口から手拭いをキュッと押し込んで、中にしまいます。

 

 

 

手拭いケース

 

 

 

「ゆらりこ」のストッパーを下にさげて開口を閉じます。

 

 

 

手拭いケース

 

手拭いケース

 

 

 

※ ⑤の状態で「ゆらりこ」のストッパーを下におろすと、手拭いを干した状態で何処かに掛けられるようになります。↓

 

 

 

手拭いケース
大きく干す

 

 

 

目立たないように小さく干したい場合には、上の状態から、手拭いの下部をクルリと「ゆらりこ」のカバー部分に一周させると良いですよ (^-^)

 

 

 

手拭いケース
小さく干す

 

 

 

この折り方(ジャバラ折り)では、手拭いの全面が空気に触れるので、濡れた手拭いがスピーディーに乾きます。

 

 

そして、もう1つ知っていただきたいのは、「ジャバラ折り」にした手拭いで手を拭く時の「心地よさ」です。

手拭いが ‘ ふんわり’ と大きく広がるので、広い面積を使って手を拭くことができます。

「そんなの、普通に手拭いを広げれば同じことじゃない」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、これは、「クリップでバッグなどに吊り下げた状態」にした場合の話です。

普通に四角く折り畳んだ手拭いをクリップでバッグに吊り下げた状態では、やっていただくとわかると思いますが、手を拭くと同じ面ばかりが濡れてしまい、ある面は使われず(死んだ面ができてしまう)、手拭いの90cmもある「面」を効率よく使って拭くことが、なかなかできません。

「ジャバラ折り」にした手拭いで手を拭けば、手拭いの面を大きく使って拭くことができ、ある面だけがジメジメと濡れすぎてしまうこともなく、とても心地がよいですよ。

 

 

また、手拭いは、いったん大きく広げてしまうと畳むのが面倒なものですが、ご紹介した方法では、上部をクリップで留めるので、パッパッと払うようにするだけで形をジャバラ折りの状態に戻せ、畳む手間も要らずラクかと思います♪

 

 

 

ジャバラ折り

 

 

 

手拭いは、長さはあるものの厚みはあまり無いので、意外にゆったりと収納することができました。

フェイスタオルも、厚みがあまり無いものであれば収納できるかもしれません。

 

 

お試しください (@^^@) /

 

 

 

 

 

ハンモックでゆらゆら可愛いアニマルズ♡ [yurarico]

8PV

ハンカチホルダー[yurarico]

ハンカチホルダーyuraricoを作りはじめて間もない頃に、

まるでハンモックみたいだなぁ。アニマルタオルを寝かせてみたら、ぜったい可愛いよね!

と、ふと思い、ひとり盛りあがっていたことがありました。

 

 

そのときは、家に適当なアニマルタオルが無かったので見送り、しばらくの間なんとなく探していたところ、数匹の可愛いアニマルズが集結したので、実際どんな感じになるのか、かれらをハンモックに寝かせてみることにしました☆

 

 

 

アニマルタオル
集結したアニマルズ。爆睡している子もいます…

 

 

 

アニマルタオルは、タオルを畳んだ状態で13cm以内のサイズになるものが良いと思います。

yuraricoの横幅が15cmなので、アニマルの頭と足側に1cmずつ余裕を持たせての、13cmです。

 

 

 

アニマルタオル
身長:約10cmのアニマルズ。広げると約20cm四方のタオルに

 

アニマルタオル
身長:約12cmのカエル(ふとん含む)。広げると約20cm四方のタオルに

 

アニマルタオル
身長:約13cmのリス。広げると約20cm四方のタオルに

 

 

 

それでは、いよいよハンモックに…

 

 

 

アニマルタオルハンモック

 

 

 

中にアニマルを寝かせたら、頭側を、yuraricoの中に付いているクリップで留めます。

足側は、クリップで留めなくても大丈夫です。

 

 

 

アニマルタオルハンモック

 

アニマルタオルハンモック

 

アニマルタオルハンモック

 

 

 

みんな、気持ちよさそうに寝ております。かわいい♡

それでは、今日はこのへんで…  (・ω・)ノ゛バイバイ

 

 

 

 

【干せる収納】冷感タオルも快適に携帯[yurarico]

53PV

ハンカチホルダー[yurarico]

今年の夏も、たくさんの「首に冷感タオル(COOLタオル・冷却タオル)を巻いた人たち」を目にしました。

毎年、猛暑ですもんね (;′□`A)

 

そろそろ秋めいて、涼しくなってきた頃ではありますが…

今日は、「ゆらりこ」に冷感タオルを収納する(冷感タオルのケースとして使う!)というのを、やってみたいと思います。

 

 

「ゆらりこ」は、手を拭いて濡れてしまったミニタオルを快適に携帯するためのホルダーですが、

首を冷やすために濡らしたタオルだって、「持ち歩くときに水気が気になる悩ましさ」は同じですよネ。

 

 

通勤通学の時間帯に、首を冷やす目的で濡らして使うのだけれど、

職場に着いたら学校に着いたら、とたんに置き場に困ってしまうのが、冷感タオルの「あるある」ではないでしょうか?

冷感タオル専用のケースも色々と出ていますが、

ちょっとしたスペースがあれば簡単に干した状態にできる【干せる収納】 という点は、「ゆらりこ」ならではかと思います。

 

 

また、干した状態にしたときに、「ゆらりこ」のポヨンとしたカバーが、構造上、壁とタオルの間に挟まるので、冷感タオルが壁に接しないように浮かせた状態で干すことができます。↓

「ゆらりこ」のカバーは両面に抗菌加工が施してありますから、表面も裏面も、衛生的です☆

 

 

 

冷感タオルケース
冷感タオルを干している様子

 

 

「ゆらりこ」に一般的な20cm四方のミニタオルを収納すると、ゆったりと収まります。

冷感タオルの場合はサイズが大きいので、収納すると、あまり余裕は無く、ピッタリと収まります。

 

 

 

冷感タオルケース

 

 

 

では、お勧めの「冷感タオルのしまい方」を、ご紹介しますね(^-^)

 

 

 

<冷感タオルのしまい方>

①「ゆらりこ」は、ストッパーを上にあげて開口を開けておきます。

 

 

 

冷感タオルのケース

 

 

 

② 冷感タオルを折り畳みます。
例えば100×30cmの冷感タオルであれば、短辺側は
折らずに長辺側だけを3回折れば、幅が13cm以下になり、幅が「ゆらりこ」に収まるサイズにまでコンパクト化されます。

 

 

 

冷感タオルケース
100×30cm → 13×30cmに

 

 

 

③ 畳んだ冷感タオルの上2箇所を、「ゆらりこ」の中に付いているクリップで挟みます。

 

 

 

冷感タオルケース

 

 

 

④ 冷感タオルを、下から巻き上げるように3回ほど折って、小さくまとめます。

 

 

 

冷感タオルケース

 

 

 

⑤「ゆらりこ」の開口から冷感タオルをキュッと押し込んで、中にしまいます。

 

 

 

冷感タオルケース

 

 

 

「ゆらりこ」のストッパーを下にさげて開口を閉じます。
画像のように、開口が完全に閉じないのは、仕様です
(^-^)ゝキリッ
中に入れたタオルを、より速く乾かしたい場合には、ストッパーを画像よりもう少しゆるめ、開口を大きめに開けてください。

 

 

 

冷感タオルケース

 

冷感タオルケース

 

 

 

※ ③の状態で「ゆらりこ」のストッパーを下におろすと、冷感タオルを干した状態で何処かに掛けられるようになります。↓

 

 

 

冷感タオルケース
大きく干す

 

 

 

目立たないように小さく干したい場合には、上の状態から、冷感タオルの下部をクルリと「ゆらりこ」のカバー部分に一周させると良いですよ (^-^)

 

 

 

冷感タオルケース
小さく干す

 

 

 

冷感タオルだけでなく、手拭いをしまっていただくのも良し です。

あとは、スカーフなども、どこかに引っ掛けて傷が付いてしまわないように綺麗にしまえますよ。

 

 

ということで、季節はボチボチ秋になりますが…

ゆらりこ」は、秋も冬も春も夏も、年間とおして便利に使っていただけるホルダーです。

お試しください (@^^@) /

 

 

 

 

 

ページの先頭へ