【干せる収納】冷感タオルも快適に携帯[yurarico]

53PV

ハンカチホルダー[yurarico]

今年の夏も、たくさんの「首に冷感タオル(COOLタオル・冷却タオル)を巻いた人たち」を目にしました。

毎年、猛暑ですもんね (;′□`A)

 

そろそろ秋めいて、涼しくなってきた頃ではありますが…

今日は、「ゆらりこ」に冷感タオルを収納する(冷感タオルのケースとして使う!)というのを、やってみたいと思います。

 

 

「ゆらりこ」は、手を拭いて濡れてしまったミニタオルを快適に携帯するためのホルダーですが、

首を冷やすために濡らしたタオルだって、「持ち歩くときに水気が気になる悩ましさ」は同じですよネ。

 

 

通勤通学の時間帯に、首を冷やす目的で濡らして使うのだけれど、

職場に着いたら学校に着いたら、とたんに置き場に困ってしまうのが、冷感タオルの「あるある」ではないでしょうか?

冷感タオル専用のケースも色々と出ていますが、

ちょっとしたスペースがあれば簡単に干した状態にできる【干せる収納】 という点は、「ゆらりこ」ならではかと思います。

 

 

また、干した状態にしたときに、「ゆらりこ」のポヨンとしたカバーが、構造上、壁とタオルの間に挟まるので、冷感タオルが壁に接しないように浮かせた状態で干すことができます。↓

「ゆらりこ」のカバーは両面に抗菌加工が施してありますから、表面も裏面も、衛生的です☆

 

 

 

冷感タオルケース
冷感タオルを干している様子

 

 

「ゆらりこ」に一般的な20cm四方のミニタオルを収納すると、ゆったりと収まります。

冷感タオルの場合はサイズが大きいので、収納すると、あまり余裕は無く、ピッタリと収まります。

 

 

 

冷感タオルケース

 

 

 

では、お勧めの「冷感タオルのしまい方」を、ご紹介しますね(^-^)

 

 

 

<冷感タオルのしまい方>

①「ゆらりこ」は、ストッパーを上にあげて開口を開けておきます。

 

 

 

冷感タオルのケース

 

 

 

② 冷感タオルを折り畳みます。
例えば100×30cmの冷感タオルであれば、短辺側は
折らずに長辺側だけを3回折れば、幅が13cm以下になり、幅が「ゆらりこ」に収まるサイズにまでコンパクト化されます。

 

 

 

冷感タオルケース
100×30cm → 13×30cmに

 

 

 

③ 畳んだ冷感タオルの上2箇所を、「ゆらりこ」の中に付いているクリップで挟みます。

 

 

 

冷感タオルケース

 

 

 

④ 冷感タオルを、下から巻き上げるように3回ほど折って、小さくまとめます。

 

 

 

冷感タオルケース

 

 

 

⑤「ゆらりこ」の開口から冷感タオルをキュッと押し込んで、中にしまいます。

 

 

 

冷感タオルケース

 

 

 

「ゆらりこ」のストッパーを下にさげて開口を閉じます。
画像のように、開口が完全に閉じないのは、仕様です
(^-^)ゝキリッ
中に入れたタオルを、より速く乾かしたい場合には、ストッパーを画像よりもう少しゆるめ、開口を大きめに開けてください。

 

 

 

冷感タオルケース

 

冷感タオルケース

 

 

 

※ ③の状態で「ゆらりこ」のストッパーを下におろすと、冷感タオルを干した状態で何処かに掛けられるようになります。↓

 

 

 

冷感タオルケース
大きく干す

 

 

 

目立たないように小さく干したい場合には、上の状態から、冷感タオルの下部をクルリと「ゆらりこ」のカバー部分に一周させると良いですよ (^-^)

 

 

 

冷感タオルケース
小さく干す

 

 

 

冷感タオルだけでなく、手拭いをしまっていただくのも良し です。

あとは、スカーフなども、どこかに引っ掛けて傷が付いてしまわないように綺麗にしまえますよ。

 

 

ということで、季節はボチボチ秋になりますが…

ゆらりこ」は、秋も冬も春も夏も、年間とおして便利に使っていただけるホルダーです。

お試しください (@^^@) /

 

 

 

 

 

在庫処分セール☆[SHOP-ANIN]

95PV

その他

SHOP-ANINで、本日から、在庫処分セール☆ を開催しています。

 

 

トートバッグ・ネクタイ・帽子・シュシュ・箸・スプーン など。

「沖縄」から仕入れたものが多数です。

 

 

セール開催中

 

 

 

セール価格にしてあるものにつきましては、セールで売り切ります ので、

販売価格を途中で変えることがあります。

なお、再入荷の予定はありませんので、ご了承ください。

 

 

不測の事態に備えて、在庫フルよりも、やや少なめに在庫数を提示をしている場合があります。

その場合は、在庫数が増減するかもしれませんが、ご了承ください。

完全に0個になったものにつきましては、できるだけ早く、商品を非表示にするようにします。

 

 

【SHOP-ANIN】(ショップあにん)
 https://shop-anin.stores.jp/

 

 

 

また、これまで5,500円以上で送料無料としていたところ、

3,000円以上で送料無料 となるように切り替えました。

しばらくは、この設定で販売していこうと思っています。

 

 

お求めやすくなっているかと思いますので、ぜひ、ショップを覗いてみてください(^-^)

 

 

 

SHOP-ANIN

 

 

 

 

 

 

マスクケースとしても使える☆ハンカチホルダー

263PV

ハンカチホルダー[yurarico] ハンカチホルダー[oriduru]

今回は、「ゆらりこ」と「おりづる」にマスクを入れてみたイメージを撮影してみることにしました。

 

 

当店は、「濡れたハンカチのお悩みを解決する!」という目的をもって商品開発をしており、ずっと、「ハンカチ(ミニタオル)」を収納するのに適した商品を、試行錯誤しつつ製作・販売しています。(細々ながら…)

 

 

私が一番最初にハンカチホルダーを作り始めたのは2014年で、販売し始めたのはもう少し後になってからですが、とにかく自分は、ハンカチだけを握りしめて地道にやってきました。

 

 

そんななか、2020年に突然、コロナ禍となり、途端に私は子供のことなどでメチャクチャに忙しくなってしまいました。

急な休校。一日4食の食事作り。「保護者さまのお力添えが不可欠」な学校のデジタル授業のサポート。学童閉鎖。そしてなぜかウチが学童化…(TT)

このときには、本当に誰もが、それぞれの事情で悩まされたかと思いますが、私も生活ペースが一変してしまい、仕事の手も止めざるをえなくなり、もやもやとツライ時期を過ごしました。

 

 

コロナ禍

 

 

 

けれど、誰もが辛かったこの時期に、ものすごく大きく開けた市場が、マスク市場でした。

私が気付いたのは、子供の休校措置が明けてしばらく経って、再び正面から事業と向き合える状況になってからですが(だいぶ遅い…)

商談展示会に行ってもマスクマスク… お店でもネットショップでも、新しいマスクがたくさん並んでいて、驚きました。

私が仕事の手を止めていた時期に( ^^;)、マスクと関係のない事業者までもが、生き残りを掛けて自社の技術を活かすとかでマスク市場に参入してくるなどして、一気に開けたようです。

 

 

それと共に、マスクを収納するのに必要な「マスクケース」なるものも、たくさん出てきていました。

そして、それらの多くに「ハンカチもしまえる」と但し書きがしてあるのに、わたしはビックリしました(@_@)

「チョット待って…  他人事じゃないじゃん!」となりました。

そして慌てて、自分も、ハンカチホルダーのページに「マスクもしまえる」と追記。(笑)

でも… なんか、面白いな~と感じました。

こんなことってあるんですね。

まさかマスク界隈から競合が攻めてくるとは、思ってもいませんでした。

 

マスクケース

 

 

けれど、自分がハンカチホルダーのページに「マスクもしまえる」と追記したところで、「マスクケース」でネット検索をした時に、上の方に上がってこないんですね。

多すぎて埋もれてしまって…

「ハンカチホルダー」なら、数が少ないので上がってくるんですが。

それで今日は、自分のハンカチホルダーにマスクを入れてみた写真を、撮ってみることにしたんです☆

 

 

前置きが長かったですね…( ^^;)

ハンカチだけを握りしめてハンカチホルダーを作り続けてきた自分と、マスクとの唐突な`めぐり合わせ ’ について、少し明かしてみました。

 

 

さて、ここから、写真を載せていきます。

中に入れるのは、大人普通サイズの不織布マスクです。

 

 

ゆらりこ」は、ハンカチを収納して携帯するためのホルダーですが、

横にマスクを並べてのサイズ比較ですと、こんな感じになります。

 

 

 

マスクケース
「ゆらりこ」とマスクのサイズ比較

 

 

 

 

そして、中にマスクをしまってみると、こんな感じになります。

ノーズワイヤーの真ん中で一回折っただけではハミ出てしまうので、二回折って入れました。(四つ折り)

ヒモ部分をクリップで挟んであります。

 

 

 

マスクケース
「ゆらりこ」にマスクを入れた状態

 

 

 

 

おりづる」も、ハンカチを収納して携帯するためのホルダーですが、

横にマスクを並べてのサイズ比較ですと、こんな感じになります。

 

 

 

 

マスクケース
「おりづる」とマスクのサイズ比較

 

 

 

 

そして、中にマスクをしまってみると、こんな感じになります。

マスクの両端部分をクリップで挟んであります。

ノーズワイヤーの真ん中で一回折った状態でちょうど良かったです。(二つ折り)

ちょうど良いというか、下部に余裕すらあるので、立体マスクでも ‘ふんわり’ しまえそうですね。

 

 

 

 

マスクケース
「おりづる」にマスクを入れた状態

 

 

 

 

「おりづる」については特に、コロナ禍前から販売しているものなので、サイズに関しては、マスクにピッタリというわけにいかないかもしれませんが…

マスクやハンカチなどを中に入れて愛用していただけたら嬉しいです。

今後も、サイズや素材を変えるなど、試行錯誤しながら色々と作っていけたらと思っています。

では(*^-^*)/

 

 

 

 

 

ページの先頭へ